So-net無料ブログ作成
京の歳時記10月 ブログトップ

上賀茂神社で笠懸、馬上から的を射る [京の歳時記10月]

10月17日午後京都市北区の上賀茂神社で馬場を走って馬上から的を射る笠懸神事が行われた。流鏑馬と違って的が竹矢来で囲まれた中にあって馬上からは狙いにくいのが特徴。合計2組10人の武田流の射手が2回ずつ駆け抜けた。

上賀茂神社の笠懸けは1214年に後鳥羽上皇が大々的に催し、以降弓馬の奨励につとめたといわれる。鎌倉時代に最盛期を迎えた。その後上皇は「承久の変」で隠岐に流されて以降行われなかった。2006年に上皇時代の資料をもとに復活した。笠懸はより実践的なもので218メートルの馬場に往復5つの的を射抜く。最初60センチの板の的で腕慣らしした後、目玉の形をした小さな的をねらう。。さらには馬場を戻るときにも小笠懸という低い位置に立てられた12センチの的を射る。何といっても馬のスピードがものすごい。これを八幡太郎義家の子孫である甲斐源氏・武田が受け継いだ。現在は社団法人大日本弓馬会が伝承・普及につとめている。

この日は快晴に恵まれて見物日和になった。すべての的を射る射手は出なかったものの小さい的を射るたびに拍手を浴びていた。また、神事の進め方も古来の儀式を取り入れているので歴史フアンにとっても魅力ある1日となった。(PJニュース10月18日掲載)

10101601 [] (2).jpg
 弓を授ける儀式
10101606 [].jpg

 

的を射る武田流の射手

10070204 [].jpg

 

大笠懸で見事的を射る

10070205 [].jpg
小笠懸で的を射る
10101602 [] (2).jpg
馬場を試す女性射手
スピードのある馬上から的を射るのは難しい。今回の撮影ポイントでは的にほとんど命中しなかった。従って以前の撮影でその雰囲気を見てもらおう。↓ 見事まとが散っている。
774.jpg


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

人形供養祭写真追加版 [京の歳時記10月]

撮影 2010年10月14日9時20分入り 終了12時

会場 京都市上京区 宝鏡寺

行事名称 人形供養祭 

SFT_5280人形塚 [].jpg

 

人形塚

10月14日午前京都市上京区の宝鏡寺で、境内にある人形塚にこの1年間に納めた人形を供養する法要が行われた。1959年に京人形商工業協同組合が人形を彫った石の塚を作って供養したのが始まりで52回目となった。 供養祭は吉野太夫や小袿(十二単を着ている)が献茶や献花などをした後、尼門跡寺院にふさわしく数人の尼僧が読経を唱える中で関係者や一般客が次々に焼香した。

この日は「雛人形」や「市松人形」などに限らず「羽子板人形」「ぬいぐるみ」「フランス人形」など500点が焼香台の奥に置かれた。見た目にはまだ飾っても差し支えのない人形もあって参拝者は「まだきれいですね」とささやいたりしていた。法要のあと本堂に場所を移して一弦琴や吉野太夫の「いにしえ」舞が奉納された。 

会場となった宝鏡寺は1644年に後水尾天皇の皇女理昌尼王(りしょうにおう)が入寺してからは尼御所となった。幕末の皇女和宮の寵愛品などを所蔵していて、通称「人形寺」として名高い。雛祭りの3月には雛人形を中心にした展示が人気を呼んでいる。(ライブドアニュースPJニュース10月15日掲載)

ライブドア ニュース・PJニュース使用写真↓

10101405.jpg

SFT_5293人形供養祭 [].jpg
供養祭会場(人形塚前) 左奥に人形群
SFT_5288人形供養祭 [].jpg
お参りする吉野太夫など
DSC_4412ninngyou [].jpg
 尼僧の皆さんの読経
SFT_5276人形供養祭 [].jpg
当日の式次第
SFT_5302人形供養祭.jpg
供養人形が見まもる中での供養祭 
DSC_4400人形供養祭 [].jpg
 集まった人形
DSC_4419b.jpg 
一弦琴奉納
SFT_5321人形供養 [].jpg
「いにしえ」を舞う太夫
少し抽象化した太夫舞↓
SFT_5316人形b.jpg
この抽象化した写真は今回撮影したかったsfo-takaの太夫の印象。ニュース原稿を書くので久しぶりに「報道」の腕章をつけての取材。ただし、撮影は並んで入った。宝鏡寺本堂は舞の舞台としては最高ではないか。バックの金主体の屏風が衣装とあいまっていい。加えて床の黒が幽玄でさえある。庭の明かりで場内はそれなりの光があるので撮影できた。
琴は中村さんという女性の演奏であった。これも印象化している。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

粟田祭の剣鉾が差す [京の歳時記10月]

撮影日 2010年10月11日 12時~16時

撮影地 蹴上、白川東通

祭礼名 粟田祭神幸祭

粟田神社の剣鉾は祇園祭が欠番の年には代行して行ったといわれている。ただし、剣鉾はこちらが本家本元との自負がある。それだけに剣鉾に対する思い入れもすごいものがある。氏子町内では18もの町で12燈とともに飾るのが習わし。そのうち近年では6基が列に加わり差している。

DSC_4367 [].jpg

 

10101101.jpg

 

SFT_5220 [].jpg

 

SFT_5257 [].jpg

 

SFT_5265 [].jpg
10101103.jpg
SFT_5253 [].jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

三栖の炬火祭(たいまつさい) [京の歳時記10月]

撮影日 2010年10月10日 17時~20時30分

撮影地 伏見区中書島界隈

祭礼名 三栖の炬火祭

1300年前壬申の乱、後の天武天皇が近江朝廷との戦に向かう途中この地域を通過した時かがり火を焚き照らしたのが由来とされる。炬火は高さ役5メートル、直径1.5メートル、重さ1トン。担ぎ手約30人。京橋まで歩く。点火は20時。

SFT_5183 [].jpg

 

DSC_4354 [].jpg

 

SFT_5200 [].jpg

 

DSC_4358 [].jpg

 

DSC_4360.jpg

 

DSC_4361.jpg

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
京の歳時記10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます