So-net無料ブログ作成
京の花名所 ブログトップ
前の10件 | -

桜前線(4月15日)散り始めたソメイヨシノ [京の花名所]

例年より随分遅れて桜が散り始めた。従って雨や風が吹くと一気に葉桜となってしまう。しかし、それはそれでまた違う楽しみもある。本当に桜は日本人にとってはかけがえのない花なのだと実感する。昨日は雨で、今日は風が強かった。水辺の池や川に花ビラが流れる。その散りゆく風景を少しばかり撮影した。

残り花(左)と深泥池の散り桜(左)

11041504.jpg  11041506.jpg

(左)池畔に寄せる花ビラと

11041509.jpg  11041511.jpg

植物園桜林の池に散った花ビラ

11041507 .jpg  11041505.jpg

岡崎疏水の散り桜

11041302岡崎疏水散り花2 .jpg  11041302岡崎疏水散り花.jpg

銀閣寺道の疏水を流れる散り桜

11041601 .jpg  11041513.jpg

なお、府立植物園のしだれ桜咲きそろい今日(4月15日)明日あたりが見ごろとなりそうだ

11041512.jpg

 


桜前線(4月13日)岡崎疏水・佛光寺・宗像神社の左近桜 [京の花名所]

岡崎の疏水を観光名所にすると京都市は発表した。岡崎公園を再整備するというのだ。その第1がホテル建設と言うのだ。それも世界の富裕層相手にしたものにするという案。今のグランドにという。何やらその昔岡崎界隈に九重の塔を建てた時代を思い起こした。これ以上京都にホテルはいらないし、むしろ何もなく東山が「スーと」見える方がいいんですけど。で、そんななか、4月13日の疏水風景。また、下京区の佛光寺の紅しだれも咲いた。

11041301岡崎疏水十石舟.jpg  11041301岡崎疏水十石舟2 .jpg

慶流橋の朱と散り花ビラと散り花ビラが流れる(右)

11041302岡崎疏水散り花.jpg  11041302岡崎疏水散り花2 .jpg

岡崎疏水の桜と平安神宮の大鳥居(右)

11041309岡崎疏水 .jpg  11041310岡崎疏水大鳥居 .jpg

佛光寺の紅しだれ4景

11041312仏光寺紅しだれ .jpg  11041304仏光寺紅しだれ.jpg

11041303仏光寺紅しだれ.jpg  11041305仏光寺紅しだれ.jpg

一方京都御苑内の宗像神社の左近の桜が咲いた。御所の左近の桜の先代にあたり、昭和11年に植え替えられた。5年前に花がつかなかったものの昨年から再び咲き始めたというすごい生命力を見せている。現御所の左近は見事な枝と花ぶりだが、こちらはその息づかいが伝わってきていい。また花弁がとてもシンプル。

11041307宗像神社左近の桜.jpg  11041308宗像神社左近の桜4 .jpg

11041308宗像神社左近の桜.jpg  11041308宗像神社左近の桜3 .jpg

 

 

 


桜前線(4月10日)、宇治川派流と背割堤 [京の花名所]

文句なしの晴天。京都南部伏見の宇治川派流に十石舟が浮かぶ。桜はどこも満開となり、今年最後の花見だろう。木津川・宇治川・桂川の合流地点の土手=背割堤に続く桜も満開で人が人を呼び京阪八幡市駅からは続々と人が橋を歩く。堤の両端に桜は咲いている。人も多いが迫力ある桜並木」だ。また墨染寺は桜寺と言われて小さい境内が花で埋め尽くされていた。

背割堤

11041003淀川6 [].jpg  11041002淀川2b.jpg

11041003淀川3 b.jpg  11041003淀川5 [].jpg

宇治川派流

11041006伏見宇治川派流2b.jpg  11041005伏見宇治川派流b.jpg

11041006伏見宇治川派流3.jpg

墨染寺 桜寺という別名もあり墨染桜三代目も花をつけていた

日蓮上人の背中と桜(左)と上人も見つめる桜(右)

110410墨染寺b.jpg  110410墨染寺3 [].jpg

墨染桜3代目(左)と今咲き誇る墨染桜が上に伸びて太陽を受ける(左)

1104103代目墨染桜2 [].jpg  110410墨染寺2 [].jpg

 

 

 

 


桜前線(4月9日)、高野川と賀茂川 [京の花名所]

4月8日夜からの雨も上がったものの曇天となり「青空の下での花見」と言うわけにはいかにものの賀茂川や高野川の桜は満開となり多くの飲酒客が繰り出した。河川敷は火器厳禁の場所が多いが時たまガスコンロ、七輪を持ち込みで煙もうもうという場所にも出くわした。そんな花見絶好ポイントと花名所としての桜見ポイントを取材しました。

高野川の桜(河合橋~御蔭橋)

110409高野川2 .jpg 110409高野川3 .jpg

110409高野川4 .jpg 

110409高野川1.jpg ←1本の幹から幹別れしていた木

賀茂川(出町橋~出雲路橋)

110409賀茂川3 .jpg  110409賀茂川4 .jpg 

110409賀茂川2 .jpg  11040909.jpg

花見スポット

11040912.jpg 出町橋上流左岸

11040911.jpg  高野川・賀茂川合流点

11040910.jpg  葵橋下流右岸

 

 


桜前線(4月6日)、平野神社・一気に見頃 [京の花名所]

この二、三日の好天で平野神社の花見桜が一気に見ごろとなった。表参道、西参道茶店、神苑といずれも空を隠す勢いだ。社殿のある境内は八重桜が多いのでまだ蕾の木が多い。また、門前の一番咲きの「魁(さきがけ)」は今日全部の枝から蕾がなくなり全開。これからは風が吹けば散り始める。

110406平野神社魁z.jpg

魁を北から見る

110406平野神社魁2z.jpg

魁の幹は花の美しさとは別のように空洞化していた

110406平野神社魁5ab.jpg

満開の花弁一輪 冬を越した寒桜

110406平野神社寒桜z.jpg

葉付きで満開の雪山桜

110406平野神社雪山桜z.jpg

なんともかわいいアーモンド桜

110406平野神社扁桃桜z.jpg

これぞ桜色した陽光

110406平野神社陽光z.jpg

陽光は遠目には桃の花のように見える。しかし桜だ

110406平野神社陽光5ab.jpg

神苑の彼岸しだれ桜 北から南方向

110406平野神社彼岸しだれ桜z.jpg

同じ彼岸しだれを西から東方向

110406平野神社彼岸しだれ5ab.jpg

参道茶店が花見の気分を盛り上げていた

110406平野神社花見するz.jpg

平野神社には八重桜の種類も多いのでもう一度行くことになる。ついでに京都写真紀行の夜桜を1枚とイメージを1枚。またこの10日は桜まつりがあり、時代衣装行列が氏子町内を歩く。

平野の夜桜

1981.jpg

神社の御簾と桜色

1973.jpg

さくら祭り(神幸祭)

1979.jpg

京都写真紀行では京の桜>洛中

 

 

 

 

 

 


桜前線(4月5日)、ソメイヨシノが咲き始めた洛北の水辺 [京の花名所]

洛北の水辺・賀茂川、松ヶ崎疎水、深泥池のソメイヨシノが一気に咲きだしました。ただ近くに行くと満開の枝もあるものの、遠くから見るとまだ「枝の茶色」が勝っていて余り写真にはなりませんね。今日は時間がなかったのでバイク乗りながらの撮り方。携帯写真も交えての前線報告です。

賀茂川。北山大橋から御園橋をウオッチ。左岸の方が木が多いのでそちらで撮影。

↓上賀茂橋左岸下流の1本

110405賀茂川2.jpg

110405賀茂川3.jpg

で、一枝をピックアップすると蕾と開花、これ何分咲きと言うんでしょうね。↓

110405賀茂川5.jpg

110405賀茂川1.jpg

松ヶ崎浄水場前から疏水をけ携帯で撮る。↓

110405松ヶ崎疎水.jpg

深泥池は南の湖畔に桜が1本あります。むしろミツガシワが今まさに咲き始めです。この時期のみ競演です。

110405深泥池1.jpg

110405深泥池2.jpg

↓ミツガシワです。これが終わるとジュンサイの花が咲き始めます。

110405深泥池3.jpg

で、↓がミツガシワの蕾と花です。この写真のみ07年4月12日の撮影です。

110405深泥池6.jpg

明日も快晴とのことなので平野神社と蓮台寺に桜を求めていく予定です。

 

 


桜前線(4月4日)、醍醐寺と大石神社 [京の花名所]

洛外のしだれ桜の名刹と言えば醍醐寺。今日4月4日は霊宝館、金堂、五重塔、三宝院などのしだれがすべて見ごろとなった。参道などのソメイヨシノは今週末が見頃で、太閤花見行列に合わせているかのようだ。

霊宝館のしだれ桜↓

110404醍醐寺霊宝館04.jpg

仁王門参道南外壁からの桜↓

110404醍醐寺01.jpg

国宝五重塔としだれ桜↓

110404醍醐寺五重塔05.jpg

金堂西のしだれ桜↓

110404醍醐寺金堂05.jpg

大石神社のしだれ桜の幹の太さはすごい。そこから伸びる枝々と花々はこれからどこまで伸びるのでしょうか。

大石桜↓

11040403大石神社.jpg

太い幹と枝と花↓

11040402大石神社.jpg

青空に広がる花↓

11040405大石神社.jpg

4月4日は快晴なれど風冷たしでした。いよいよ高野川や賀茂川、哲学の道、松が崎疏水など水辺のソメイヨシノが開花し、桜並木が楽しめる週末になりそうです。

 


桜前線(4月3日)、洛中のしだれ桜 [京の花名所]

4月3日、ツイッターで見ごろを迎えた桜をツイートしようとしたらフォト蔵が真っ白表示。変わって当ブログで現況を載せます。

本満寺(上京区)のしだれは大きさ、姿とも圧巻↓

本満寺1 a.jpg  110403本満寺1.jpg

中京区の六角堂はビルにも囲まれた不思議空間↓

110403六角堂4.jpg  110403六角堂5.jpg

佛光寺には本堂前と庫裏近くに見事なしだれ桜が咲く。間もなく「花まつり」の仏様も見れる。開花が遅れているようです。蕾と言うところです。

佛光寺2.jpg

鴨川七条大橋の上流から見たしだれ桜遊歩道↓

11040204鴨川正面橋上 .jpg

三條大橋下流の低木しだれ桜↓

11040203鴨川三条 .jpg

祇園新橋のしだれ桜↓

11040205祇園新橋.jpg

糸桜(しだれ桜)は今が全市で見頃。事務所の場所が洛北なので醍醐寺など南部の現況が見せられませんがいずれも満開とのこと。

京都御苑近衛邸跡の糸桜↓ 見頃でした。

110403近衛邸跡糸桜3.jpg  110403近衛邸跡糸桜1.jpg

110403近衛邸跡糸桜4.jpg  110403近衛邸跡糸桜2.jpg

↓上賀茂神社・御所桜

110403上賀茂神社御所桜.jpg

↓上賀茂社家・岩佐邸しだれ桜

110403上賀茂社家岩佐邸.jpg

今日は少し寒かったので少し長持ちするかもしれませんね。

 


春の花が咲き始めました [京の花名所]

 SFT_8920.jpg

今日3月26日というのに雪の降る日となりました。最低温度が7度などと聞くと桜の咲き方が遅れるのは当然でしょう。でも春はそこまで来ています。市内北部の早咲きの桜が咲きだしました。一部は満開ですよ。少し紹介してみます。撮影は3月24日と25日です。

百万遍知恩寺の花々

毎年本堂前のふじ桜が一番で咲きだします。少し樹勢が衰えてきたようですが今年も10日ほど遅れた満開となりました。

11032503.jpg  11032505.jpg

お寺の西門が今年の法然800年遠忌できれいになりましたがその参道沿いにはボケとハナニラが咲いています。また早咲きのおかめ桜も1本小さい木がピンク色です。左ボケ、右ハナニラ。

11032604 .jpg  11032608.jpg

11032609.jpg ←おかめ桜は下向きに咲いてます。

知恩寺から徒歩8分で出町駅に着きますが駅の南に長徳寺があり門前におかめ桜は毎年春を告げるしるし。やはり10日ほど遅く満開で間もなく散りそうです。木周りがピンク色は春そのものでしょうか

11032508.jpg  11032610.jpg

11032501.jpg

出町から徒歩10分で京都御苑の今出川御門。南西に近衛邸跡の有名な糸桜。やはり遅れてましてようやく咲きだしました。しかしやはりこの界隈はいいですね。25日の様子。白サギとカモがいて桜が池に突き出していました。その西に2本の大木糸桜。1本が咲き始め。

11032603 .jpg  11032502.jpg

まだ蕾が多いようですがそれでもピンクが目立ちました。少し南に御所の屋根なみの桜1本。

11032601 .jpg  11032602 .jpg

この場所から御苑の大通りを堺町御門に向けて歩くと宗像神社の森が見えてきて中に入ると藪椿が見事に咲いてました。また水仙、ハナニラ、白モクレンなども咲き始め参道側の紫宸殿から移植された左近の桜も昨年花をつけたとのことで楽しみ。御苑は梅林、桃林、八重桜林が4月に見頃なので楽しみでしょうね。

11032303 .jpg  11032302 .jpg

ハナニラとユキヤナギ。ユキヤナギは葉がまだ多く垂れ下がっていませんでしたね。

11032605.jpg  11032607 .jpg

京都御苑は御所が展示を縮小して4月6日から一般公開されます。その時には糸桜も満開でしょうね。御所公開の模様はこちらから。当方のブログです。


梅便り2月26日版京都御苑 [京の花名所]

京都御苑には季節豊かな花々があるが、早春の梅は西の烏丸通近くにあり、とくに出水付近の梅園は少しずつ日にちがずれて見ごろを迎えるので2月~3月に行けば必ず堪能できる。出水口の紅白梅が早咲きで、3月上旬までは楽しめる上、はるか東の大宮御所の土塀や大文字が広い空間に粋な演出を作り出す。
この日快晴。しかし梅苑はまだ蕾の固い木が多く、出水口の紅白の2本が相変わらず早咲きで見ごろを迎えていた。

NO11022607御苑の梅苑(左)とNO11022601梅苑南端出水口東の紅白梅

11022607御苑.jpg  11022601御苑 g.jpg

この梅苑は出水口通りを挟んで南にもある。こちらはそのかかりともなる北端の梅が2本見ごろだ。毎年この内東の1本が御苑の中で一番咲きの木である。(左写真)そしてこの南梅苑は出水の小川という川が流れておりその川沿いに背の低い白梅が満開となった。(右写真)

NO11022603毎年一番咲きの紅梅(左)とNO11022604出水の小川の白梅

11022603御苑.jpg  11022604御苑.jpg

その小川の白梅は午前中には後方の森に陽が当たらないので見事な白黒のくっきり梅が撮れる。午後にはこの色合いは出ないのだ。川沿いには早咲きの紅梅も咲くがこの場所はどちらかといううと4月中旬からの八重桜の面積が多い。

NO11022610小川白梅の一輪(左)とNO11022620同じ木の重なり合う花弁

11022610御苑.jpg  11022620御苑.jpg

出水の小川から建礼門前大通りに向かって堺町休憩所の方に出るとその途中に大きな白梅が満開となっていた。大きい割には場所柄「ひっそりと咲く」感があった。しかし堂々たる木である。

NO11022612堺町休憩所前の白梅とNO11022613その咲きっぷり

11022612御苑 .jpg  11022613御苑 .jpg

この道を過ぎると御苑の中で最も大きい道に出る。建礼門前大通りだ。葵祭や時代祭の行列はこの道を通って市中に出ていく。従ってはるか向こうに門が見えて、もっとも御所らしい風景を演出する場所となる。そこには1本の大きな紅梅が道に突き出している。この日は梅蕾ともいうべきで一輪も開花していなかった。

NO11022619建礼門前大通りの梅とNO11022602その梅蕾

11022619御苑.jpg  11022602御苑.jpg

この大通りは堺町ご門へ出るのだが、正面に下がると九条池に出る。そこからは拾翠亭の茶室を見ることができる。その北側には1本梅の木がある。この亭は梅よりも夏場の百日紅が見事な色模様を作りだす。ここを抜けると間ノ町口に出る。ここには白梅が小さく咲く。側に紅梅も寄り添う。その向こうには閑院宮邸跡が建ち、見学もできる。

NO11022818拾翠亭白梅(左)とNO11022611間ノ町口正面の白梅一輪

11022618御苑 .jpg  11022616御苑 .jpg

NO11022606閑院宮跡が見える間ノ町正面の紅梅(左)と宮跡には梅はなく代わりに咲く山茶花

11022606御苑.jpg  11022621御苑.jpg

宮跡の北に宗像神社がある。こちらは椿が3月中旬ごろから見ごろとなるのだが、北塀の側に紅白の2本がひっそりと咲く。年中日当たりが悪そうな場所で目立たないのだ。背後が真っ暗なので白梅を浮き立たせるにはいい場所でもある。

NO11022611宗像神社北野紅白梅(左)とNO11022608その白梅数輪

11022611御苑.jpg  11022608御苑.jpg

京都御苑の梅は西側に集中する。梅苑の北に桃苑があり梅が見頃のころ咲きだす。そしてこの宗像神社の椿に加え近辺には雪柳が間もなく開花し始めて、春がいよいよ本番ムードとなっていく。

京都写真紀行では花名所>早春~春

           季節イメージ>春

 


  


前の10件 | - 京の花名所 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます