So-net無料ブログ作成

梅便り2月26日版京都御苑 [京の花名所]

京都御苑には季節豊かな花々があるが、早春の梅は西の烏丸通近くにあり、とくに出水付近の梅園は少しずつ日にちがずれて見ごろを迎えるので2月~3月に行けば必ず堪能できる。出水口の紅白梅が早咲きで、3月上旬までは楽しめる上、はるか東の大宮御所の土塀や大文字が広い空間に粋な演出を作り出す。
この日快晴。しかし梅苑はまだ蕾の固い木が多く、出水口の紅白の2本が相変わらず早咲きで見ごろを迎えていた。

NO11022607御苑の梅苑(左)とNO11022601梅苑南端出水口東の紅白梅

11022607御苑.jpg  11022601御苑 g.jpg

この梅苑は出水口通りを挟んで南にもある。こちらはそのかかりともなる北端の梅が2本見ごろだ。毎年この内東の1本が御苑の中で一番咲きの木である。(左写真)そしてこの南梅苑は出水の小川という川が流れておりその川沿いに背の低い白梅が満開となった。(右写真)

NO11022603毎年一番咲きの紅梅(左)とNO11022604出水の小川の白梅

11022603御苑.jpg  11022604御苑.jpg

その小川の白梅は午前中には後方の森に陽が当たらないので見事な白黒のくっきり梅が撮れる。午後にはこの色合いは出ないのだ。川沿いには早咲きの紅梅も咲くがこの場所はどちらかといううと4月中旬からの八重桜の面積が多い。

NO11022610小川白梅の一輪(左)とNO11022620同じ木の重なり合う花弁

11022610御苑.jpg  11022620御苑.jpg

出水の小川から建礼門前大通りに向かって堺町休憩所の方に出るとその途中に大きな白梅が満開となっていた。大きい割には場所柄「ひっそりと咲く」感があった。しかし堂々たる木である。

NO11022612堺町休憩所前の白梅とNO11022613その咲きっぷり

11022612御苑 .jpg  11022613御苑 .jpg

この道を過ぎると御苑の中で最も大きい道に出る。建礼門前大通りだ。葵祭や時代祭の行列はこの道を通って市中に出ていく。従ってはるか向こうに門が見えて、もっとも御所らしい風景を演出する場所となる。そこには1本の大きな紅梅が道に突き出している。この日は梅蕾ともいうべきで一輪も開花していなかった。

NO11022619建礼門前大通りの梅とNO11022602その梅蕾

11022619御苑.jpg  11022602御苑.jpg

この大通りは堺町ご門へ出るのだが、正面に下がると九条池に出る。そこからは拾翠亭の茶室を見ることができる。その北側には1本梅の木がある。この亭は梅よりも夏場の百日紅が見事な色模様を作りだす。ここを抜けると間ノ町口に出る。ここには白梅が小さく咲く。側に紅梅も寄り添う。その向こうには閑院宮邸跡が建ち、見学もできる。

NO11022818拾翠亭白梅(左)とNO11022611間ノ町口正面の白梅一輪

11022618御苑 .jpg  11022616御苑 .jpg

NO11022606閑院宮跡が見える間ノ町正面の紅梅(左)と宮跡には梅はなく代わりに咲く山茶花

11022606御苑.jpg  11022621御苑.jpg

宮跡の北に宗像神社がある。こちらは椿が3月中旬ごろから見ごろとなるのだが、北塀の側に紅白の2本がひっそりと咲く。年中日当たりが悪そうな場所で目立たないのだ。背後が真っ暗なので白梅を浮き立たせるにはいい場所でもある。

NO11022611宗像神社北野紅白梅(左)とNO11022608その白梅数輪

11022611御苑.jpg  11022608御苑.jpg

京都御苑の梅は西側に集中する。梅苑の北に桃苑があり梅が見頃のころ咲きだす。そしてこの宗像神社の椿に加え近辺には雪柳が間もなく開花し始めて、春がいよいよ本番ムードとなっていく。

京都写真紀行では花名所>早春~春

           季節イメージ>春

 


  


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

梅便り2月19日洛東版 [京の花名所]

京都の洛東つまり東山界隈は洛西・梅宮大社、洛中・北野天満宮や二条城、洛南・小野梅園、洛北・植物園や宝が池といった大規模の梅園がない。従って1本1本の梅や数本の梅をじっくりと楽しむことになる。逆に生活者の楽しみの場所ともなる。観光客が極端に少ないので。北からみると下鴨神社の「光琳の梅」、神楽坂の「東北院・軒瑞の梅」、黒谷の紅梅、清水寺仁王門の紅梅、智積院梅園などが一般に開放されている。非公開として南禅寺の道場も兼ねる「光雲院前庭」が鑑賞に堪える梅が咲く。そのうちの光琳の梅、黒谷紅梅、智積院梅園の最新情報を紹介する。

下鴨神社光琳の梅  神社唯一の梅の木があるのは境内御手洗池の側。現在南側の枝がちらほら咲いている。尾形光琳がこの辺りを描いたことから名前がついた。

NO11021903(左)とNO11021902(右)

下鴨神社11021903a.jpg  下鴨神社11021902z.jpg

NO11021901(左)とNO07022202満開の時の様子(左)は2月下旬~3月初め

下鴨神社08030801.jpg  下鴨神社07022202.jpg

これが満開になると(大体2月下旬~3月初め)NO07022202(左)とNO07022201(右)

下鴨神社0702202.jpg  下鴨神社0702201.jpg

黒谷の紅梅 金戒光明寺の本堂東に2本の梅の木があり2月19日には内1本が見ごろとなった。まだ咲いていない木は背が高いので背景の庫裏の屋根に負けないくらいの貫禄がある。

NO11021901本堂と紅梅(左)とNO11021903その枝ぶり

黒谷11021901a.jpg  黒谷11021903z.jpg

NO11021901方丈を背景に(左)とNO11021902

黒谷11021901z.jpg  黒谷11021902z.jpg

3月初めには上の梅の他に背の高い木も咲いてくる↓

NO07030101はまるで桜のようだ(左)とNO3542は2本が並んで咲いている(3月上旬)

黒谷07030101z.jpg  3542.jpg

智積院 は本数は少ないが梅園と名前をつけていて境内の参道を歩くと点在している。紅白の梅が分散していて、しかも2月下旬にはほとんどが見ごろ。2月19日の撮影でもすべてが見ごろだった。

NO11021909金堂参道の紅梅(左)とNO11021904白梅

智積院11021909.jpg  智積院11021904z.jpg

NO11021906参道の紅白梅の様子(左)と明王殿前の原種白梅の一輪

智積院11021906z.jpg  智積院11021907zz.jpg

NO11021901金堂と紅梅(左)とNO11021909明王殿前の原種白梅

智積院11021901z.jpg  智積院11021908.jpg

NO11021905参道の紅梅一輪(左)とNO11021910一枝

智積院11021905z.jpg  智積院11021910.jpg

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

梅だより2月12日洛西版 [京の花名所]

2月11日の雪模様から一転して穏やかに晴れた12日。京都写真紀行の梅便りをスタートします。まずは洛西の梅名所清涼寺、天竜寺、車折神社、梅宮大社の京の様子。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)

軒瑞の梅がある。こちらは3月になってから開花だ。しかし、2月中旬には阿弥陀堂前の紅白梅や経蔵、太子堂などの開花が見られる。

NO11021201阿弥陀堂前紅梅とNO11021214阿弥陀堂北西前梅

11021201.jpg  11021214.jpg

NO11021209(左)・NO11021210(右)、上のNO11021214の拡大一輪

11021209.jpg  11021210.jpg

NO11021203太子堂前紅梅(左)とNO11021211その拡大写真

11021203.jpg  11021211.jpg

天竜寺

 東参道の塔頭外壁沿いに白梅が数本並んでいる。1本を除いていまだつぼみ堅し。むしろ東西・中央参道に並ぶ山茶花が見事に先そろっている。

NO11021213咲きだした1本(左)とNO11021213その枝ぶり

11021204.jpg  11021213.jpg

NO11021212上の梅の満開の一輪とNO11021208法堂と山茶花(右)

11021212.jpg  11021208.jpg

車折神社

 堂々のしだれ梅が1本境内に咲く。さすがに蕾堅い。

NO11021210蕾堅しのしだれ梅(左)とNO3544(右)見ごろになった時の同じ梅の木

11021215.jpg  3544.jpg

梅宮大社

 神苑は有料で様子を撮りませんでしたが境外の外壁沿いの3本は見ごろを迎えている。

NO11021201紅白咲きそろった桜門東の梅(左)NO11021207(右)

11021206.jpg  11021219.jpg

 境内で咲いていた白梅NO11021205(左)とその一輪NO11021217

11021205.jpg  11021217.jpg

京都写真紀行では花名所>早春~春

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

吉田神社追儺式と須賀神社の懸想文売り [京の歳時記2月]

吉田神社追儺式、八坂神社舞と豆まき、須賀神社懸想文売り撮影分

八坂神社節分は撮影2月2日15時 宮川町の奇麗どころが舞う。その後豆まき

NO11020254奉納舞(左)とNO11020253舞妓・年男などの豆まき

11020254 [].jpg  11020253 [].jpg

NO11020251舞妓の豆まき

11020251 [].jpg

吉田神社追儺式は撮影18時 方相氏と鬼とのバトル。この日は市民として2時間並んだので位置が固定されてしまい他のシーンは撮れなかった。他の分はhttp://kyoto-shashin.blog.so-net.ne.jp/2011-01-29 にて紹介

NO11020224神事全景(左)とNO11020223三鬼を追う方相氏

11020224 [].jpg  11020223 [].jpg

NO11020222対峙する鬼と方相氏(左)とNO11020220逃げる鬼たち

11020222 [].jpg  11020220 [].jpg

NO11020231大元宮の厄塚とNO11020229社殿に結ぶ8本の注連縄

11020231 [].jpg  11020229 [].jpg

須賀神社懸想文売りは16時ごろ撮影。とにかく水干姿の売り子が怪しいが、江戸時代は多かったとか。

NO11020263売り子全身(左)とNO11020264その背中

11020263 [].jpg  11020264 [].jpg

NO11020262懸想文表(左)とNO11020265中を開けてみると

11020266 [].jpg  11020265 [].jpg

NO11020261懸想文を手に売る(左)とNO11020260梅枝を肩にする売り子

11020261 [].jpg  11020260 [].jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます